うなぎ春雨、Mien Luon

評価:5/5点5 stars

昼過ぎにハノイに着いて最初の食事はうなぎ春雨。これは前回kameが食べ損ねていたので優先課題の一つだったもの。事前調査によるとハンザ市場前のMien Luonという店(というかこれが「うなぎ春雨」という意味で、正確な店名はNha Hang Mien Luonというらしい)が名店として知られている。

Dscf0578-SmallMien Luon

もう2時をだいぶ回っていたにもかかわらずけっこう客が多くて相席となる。どう見ても子供にしか見えない店員たちが一生懸命オーダーを取ろうとしてくれる。なんとか焼き春雨とよくわからないまま「スープ」を通してもらう。隣の二人のおっちゃんたちは小さめの碗に入ったどろりとしたスープを飲んでいる。ほかの客は汁春雨が多い。

Cimg2524-Small-Rメニュー。よくわからないけど色々あるらしい。

Cimg2526-Smallうず高く積まれたうなぎ

ほどなく隣と同じどろりとしたスープが運ばれてくる。ほぼ同時にさらに小さなスープも出てくるが、こちらはとろみのついていないタイプ。どろりバージョンの方はかなり中華スープに近いけど、具にうなぎが入っている。さらりバージョンの方はハーブが散らしてある以外は汁のみ。でもこのスープが予想通りうまい。

Dscf0574-Smallこれが注文したうなぎスープ

Dscf0576-Smallこれもスープだけどデフォルトで付いてくるやつ

その後本命の焼き春雨が登場。もやしや卵(これがまたうまい)と一緒に炒めた春雨の上にかりかりのうなぎ、さらにハーブときゅうりの薄切り、揚げタマネギが載ってくる。それぞれがおいしいけど、混ぜて食べるとそれぞれの味わいと歯触りが渾然一体となってさらにうまい。春雨そのものが違うのか、それとも調理の仕方が違うのか、どうも日頃食べているものと違うような気がする。

Dscf0577-Small焼き春雨

今度行ったら是非とも汁春雨の方を食べなければ。

コメントを追加

 

おすすめの店map

lulunとkameをフォロー

Twitter icon
Facebook icon
Google+ icon
Flickr icon
RSS icon