北海道:1日目

2007年6月30日(土)北海道へ

梅雨の大嫌いな kame と lulun は今年は2週間北海道へ脱出することにした。キャンプをしながら自転車で苫小牧から小樽までの間を走ったり、歩いたりしながら楽しむ予定である。そのため北海道までの足はフェリーを使うことにした。

7月1日真夜中の1時15分敦賀発のフェリーに乗るために、19時頃自宅を自転車で出発し三ノ宮駅へ。雨が上がってくれたので助かった。駅前でチャリをばらして輪行袋に入れ、JRのホームまであがる。エレベーターがあるのは助かるが、それでも大汗だ。時間が遅いため敦賀までの直通の新快はもうなく、2度も乗り換えなければならない。米原では階段を上り下りして別のホームへ移動しなければならないし、長浜ではホームの先まで歩かなければならないので自転車+荷物を持つ身にはハードだった。加えて22時頃長浜を出る敦賀行きは1両編成で超込み状態できつかった。

23時頃敦賀駅に到着し、チャリを組み立てて5キロほど離れたところにある敦賀新港へ向かう。途中ファミマで明日の朝食のパンを仕入れたり、町中でラーメン屋の屋台が何軒も出ていて繁盛しているのを横目で見ながら進むと、そのうちに街灯がなくなり真っ暗になる。同じフェリーに乗りにいく車も通らないため道が間違っていないか少し不安に思いながら走っていると急にフェリー乗り場の明るい光が目に飛び込む。トラック、バイク、車、陸上自衛隊などすでに大勢集まっている。今日の船は車両は満車だそうだ。発券を済ませたものの、自転車の乗船は一番最後でひたすらぼーっと待つ。乗り込むと車を誘導したりする係の人が「長い間お待たせしました」と言ってくれたけど、ホントだよまったく。駐車スペースは自衛隊の車両が相当な割合を占めてた。

新日本海フェリー すずらん新日本海フェリー「すずらん」

船内船内

航海時間の長い今時の船は一等の客室が一番たくさんあるのね。

船内 一等和室一等和室

案内所で鍵を受け取り部屋へ。テントなどの一部荷物は事前に苫小牧の宿に送っておいたが、それでも荷物が多いし、しっかりと睡眠を取りたいので奮発して一等和室をとったのだ。部屋には洗面所も付いているしポットまである。自転車の料金も含めて二人で38,600円。移動費に宿泊料も入っていると考えると妥当なところかな。

船内 売店船内の売店

夜中の1時をまわっているので、お風呂は明日にして、とりあえず売店でビールとポテチを買って旅立ちの祝杯をして2時ごろに就寝。船内で買ったビールは500mlが400円だったし、自動販売機のお茶も150円で良心的である。