Greenpoint: Acapulco(その2)

評価:3/5点3 stars

Acapulcoは今回で3度目になる。メキシコ料理屋としての質はPapacitosが明らかに上だが、気楽で味もそこそこ、しかも近くに引っ越してからはAcapulcoの存在価値が上昇した。週末の買い出しの帰りにlulunと二人で立ち寄った。

AcapulcoのPernilのTorta PernilのTorta

昼時だが空いている。テーブルについてメニューを物色。少し前にkameが一人で来た時に食べたトルタがなかなか良かったの、という話をしたらlulunは迷わずトルタを選択。ただし具を何にするかは大いに悩んだ末にPernil(ハム)にした。

Papacitosと違ってコリアンダーをほとんど使っていないので味に締まりが欠けるが、バランスが良くてなかなかうまい。これにちょっとアクセントを付けてパンチを効かせたらもっと良いのにな。

AcapulcoのBacon Cheeseburger Bacon Cheeseburger

Acapulcoは焼のもが良さそうなので正攻法にベーコンチーズバーガーに挑んだ。最近わりと当たりのバーガーが続いていたが、これはどちらかというと外れ。パテがちょっと固めで肉の味が今ひとつ。カリカリのベーコンは良いのだが、パンもちょっと柔らかすぎ。山盛りのポテトの下にはトマト、レタス、玉ねぎ、ピクルスが自由にアレンジできるように置いてある。ポテトも今ひとつだな。

味だけを取るとかなりたいしたことない店だが、食堂的な雰囲気やおばちゃんたちの飾らないけど何気なくきちんとした接客はなかなか快適だ。近くだし飢えたときや気分転換には今後も使っていくことになるだろう。


大きな地図