今日の夕食:またもタイ飯 & Asian Foods Express Inc

飽きもせずにまたもやタイ飯。牛ひき肉のサラダ(ラープ・ヌア)をレタスに包みながらいただいたのと青パパイヤのソムタム。

牛ひき肉のサラダ ラープ・ヌア牛ひき肉のサラダ ラープ・ヌア

ミントを入れるのを忘れてしまった。。。コリアンダーとミントの組み合わせって良いのに。

カウクーア カウクーア

先日の牛肉のヤムを作ったときはめんどくさくて省いたカウクーア(もち米を炒って砕いたもの)だが、今回はちゃんと作った。もっと細かく砕いた方がいいのかな?多めに作って冷蔵保存しておくと次回楽かも。

今回はミントの失敗はさておき、カウクーアを入れると食感が良くなった。しかし、どうしても普通に美味しいから一歩前に進めないでいる。タイ料理の「キラリと光るもの」のポイントがわからない。インド料理の「キラリと光るもの」が見つかるまで時間がかかったように、タイ料理ももっと調べる&作るを繰り返さないと見つからないかな。

パパイヤのソムタム パパイヤのソムタム

マンゴーのソムタムに続いて、青パパイヤのソムタム。自転車で行くとさほど遠くない距離にアジアン食材屋 Asian Foods Express という店がある。ここはレストランなどへ卸すのがメインの商売だが、個人の客にも売ってくれる。ただ問題は普通の商店ではないから商品を陳列していないのだ。欲しいものを告げるとその辺の段ボールや巨大冷蔵室の中から出してくれるシステム。「○○○ある?」と聞くと必ず「あるよ」と答えが返ってくるすごい店。小さいところなのにドラえもんポケットみたい。今まで調味料はもちろん、カレーリーフ、コブみかんの葉、青パパイヤなどなども何でもあった。次回行ったらブリッキーヌがあるか聞いてみよう。一度扱っている商品すべてをり目の当たりにしたいものだ。

Asian Foods Express Asian Foods Express

実は当初、今日の夕食は中華を予定していた。だけど、エビが買えなかったので急遽変更。家の近くは肉屋は充実しているが、魚介類はほとんど売っていない(週に一度売ってくれる魚の薫製工場ぐらい)。魚をあまり食べないポーランド人とラティーノのエリアだから仕方がないか。自転車でイタリア人が多く住むエリアの魚屋さんに行ったら月曜日は定休日だったのだ。覚えておこう。