San Juan: El Paisa

評価:2/5点2 stars

お昼が遅かったので夜はメキシコ式に軽く食べよう、と手軽にホテル近くの食堂に向かった。ここがスープ主体で夜もやっていることはすでに確認してあった。

宿の近くの安食堂El Paisa宿の近くの安食堂El Paisa

行ってみると幸い開いていて客もそこそこ入っている。いかにも近所の人達が食べに来る安食堂。

El Paisaの店内El Paisaの店内

スープは基本的に一種類で具が違うだけのようだ。メニューに並ぶその具が馴染みのないものばかりでちょっと戸惑が、唯一cabezaというのが認識できたので注文。頭ということは豚の頬肉かなあ、なんて想像していたら、出てきたモノを見てびっくり。

F50DSCF6036.JPG Cabeza入りcaldo、まさか鳥の頭だとは思ってなかった

スープの中に鶏の首がごろり。なるほど、こういう頭もあるわな、と納得。セセリはおいしいし好きなので文句はないが、食べにくいのが難点。

El Paisa: スープのお供のトルティージャスープのお供のトルティージャ

ここもご多分にもれずトルティージャが付属する。ちゃんと店頭の鉄板で焼いているものだが味的にはたいしたことない。花柄のナプキンがなかなか好ましい。

El Paisa: Pozole rojo Pozole rojo

もう一方は念願のポソレ。この店もそうだが、ポソレは週末限定で出すところが多いようだ。どうしてだろう。

スープに生レタスとラディッシュを入れるとはなかなかの発想だが、これはこれで良い。奥歯ぐらいはある大きな白いトウモロコシが特徴的だ。赤い割には見た目ほどは辛くない。これも味的にはそこそこ。

El Paisa: Pozoleに付属のtostadaとサワークリームとチーズPozoleに付属のtostadaとサワークリームとチーズ

ポソレにはトスタダとサワークリームが付属するものである、とVが言っていた通りのセットが出てきた。このトスタダは大量生産らしく味は良くない。が、トスタダ喰いのkameはついついぱりぱりと食べてしまう。

El Paisa: 緑のサルサと赤唐辛子 緑のサルサと赤唐辛子

テーブルには緑のサルサと粉の赤唐辛子が用意してある。ポソレに赤唐辛子を入れてみたらめっぽう辛い。わりと飽きる味なのでこうやって変化をつけるのが正しい食べ方なのだろう。

スープの良し悪しはその土地の料理全体のバロメーターだが、この店でメキシコのスープを判断するのは間違いだろう。うまいポソレはどこにあるのだろうか。白や緑のバージョンも食べてみたいぞ。

コメントを追加

 

おすすめの店map

lulunとkameをフォロー

Twitter icon
Facebook icon
Google+ icon
Flickr icon
RSS icon