San Juan: Cocina El Buen Tono

評価:1/5点1 star

メキシコに来たからには一度はモレを食べたい。緑のモレはワラッチとセットで味わって気に入ったが、黒いプエブラ風のモレは十三で食べただけだ。緑のモレがおいしかったので、それじゃ黒い方もうまいだろうと名誉挽回を期してEl Buen Tonoに向かった。

El Buen TonoEl Buen Tono

ホテルのすぐ近くの小さな店だ。ここはモレがおいしいということだったが夕方以降は閉まってしまうので、早めに出かけることにした。

狭い店内は混んでいて辛うじて入口付近のテーブルが空いている。そこに腰を下ろしてメニューを見るが、モレの字が見当たらない。あれ?違う店かな?と一瞬外に出て通りを見渡すが、ここ以外にありえない。店員に訊いてもモレはないと言う。うーむ、でももう座っちゃったし、ということでやむなくenchilada verdeとcarne asadaという極めて無難な線を選択。

El Buen Tono: オレンジのagua frescaオレンジのagua fresca

飲み物にオレンジのaguaを注文するとポットで出てくるのが嬉しい。どの食堂でもわりとこういうシステムのようだ。

回りを見ると他の客は誰もがスープ、パスタかライス、メインディッシュ、デザートというコースを食べている。お値段的にも単品より安いぐらいなのでオトク感は高いが、よくもそこまで食べられるものだ。ライスなんかピラフに目玉焼きが載ってくるし。

El Buen Tono: Enchilada verdeEnchilada verde

El Buen Tono: Carne assadaCarne assada

料理は見た目に比例して食べるほどのものではない。唯一まともだったのはポテトで、やはり新大陸のジャガイモはうまいと再確認した。

El Buen Tono: デザートのゼリー デザートのゼリー

デザートにはゼリー。市場や道端でもよく売っているが、メキシコ人はゼリーが好きらしい。が、これはいかにもインスタントの味。

この後にlulunは体調を崩してしまったが、二人とも同じものを食べたので食中毒ではなさそう。モレを食べそこねたダメージが大きかったのだろうか。

コメントを追加

 

おすすめの店map

lulunとkameをフォロー

Twitter icon
Facebook icon
Google+ icon
Flickr icon
RSS icon