Brookly 植物園(その2)

異常なほど暖かい日があったので花が早く咲いてしまうと 3日置いて再び植物園へ。先日の lulun の撮ってきた写真を見て kame も植物園に惹かれたこともあるのだろう。その3日の間、急な冷え込みと嵐があったので花の様子が心配。嵐は街路樹を倒したほど。

嵐の爪痕 嵐の爪痕

黄梅は迎春花と呼ばれるが、それ以外にも春を思わせてくれる黄色い花って多い。まずは、サンシュユの仲間で lulun が勝手に西洋サンシュユと呼んでいる Cornelian Cherry がお出迎え。

Cornelian Cherry 西洋サンシュユ Cornelian Cherry 西洋サンシュユ Cornelian Cherry 西洋サンシュユ

水仙  水仙 水仙

水仙は白い花とかオレンジ色の混ざったのとかもあるけれど、やはり黄色のイメージが強い花。4日前に来たときは早いのが咲き出したぐらいだったけど、今日は満開。

マンサク マンサク

「まずさく」がなまってマンサクになったと言われる春告花のひとつ。

トサミズキ トサミズキ

ヒュウガミズキ ヒュウガミズキ

梅

梅はちょうど満開。そして、桜が咲き始めている。花は日照時間で反応するタイプと温度に反応するタイプがあるので、今年の花の咲く順番は例年とは違ってきそう。

桜

アセビ アセビ

日本庭園の桜はまだまだだけど、アセビは白とピンクの2種類がきれいに咲いていた。

クロッカスの絨毯 クロッカスの絨毯

クロッカスも春を告げる花。普通だったら、クロッカスを見ると、まだ寒いけれどもうすぐ暖かくなるんだなと春への期待を膨らませるのに、今年は暑いぐらいの陽気の中でクロッカスの大群を見ることに。こんなの生まれて初めての経験。

スノードロップの絨毯 スノードロップ スノードロップ

スノードロップの絨毯も。(訂正:これはスノードロップではなくて、スノーフレークでした)

マグノリア園 マグノリア園

そして、一番気になるマグノリア園は、しでこぶしやモクレンもどんどんつぼみが緩んでいるけれど、まだまだ蕾が多い。花びらの弱い花だから、先日の土砂降りと寒さで開きかけていた花が打撃を受けたらしく、茶色くなっていたり。そして、今日の寒さで花に元気がない。今年は去年のように見事には咲きそろわないかもしれない。満開のタイミングで見ることができるかどうかも心配。

シデコブシ シデコブシ シデコブシ

シデコブシ、漢字で書くと四手辛夷。モクレン科の花。

モクレン モクレン

ミツマタ ミツマタ

花

この花は何?

花ニラ 花ニラ

鴨川の疎水にたくさん咲く花ニラ(Spring Star flower )と同じだと思うのだけどどうだろう?(訂正:これはハナニラではなくシラー)

クロッカス クロッカス

白いクロッカスもかわいい。

アヤメ? アヤメ?

「何れアヤメかカキツバタ」じゃないけれど、この手の花の見分けは苦手。第一、漢字変化するとアヤメも菖蒲、ショウブも菖蒲。どちらもアヤメ科アヤメ属だけど。

何の花?

何の花?

福寿草の仲間? 福寿草の仲間?

何の花?

これに至っては花なの?って言いたくなるぐらい正体不明。

今日の植物園は kame も lulun もわくわくでハイテンション。自然界の奇跡を目の当たりにして心が弾んだ。この時期の植物ってものすごくエネルギーをくれる。