Peekskill: The Peekskill Brewery(2012-04)

評価:3/5点3 stars

Blue Mountainの森を歩いた後は駅前のPeekskill Breweryでビール。

ここに来るのは久しぶりだ。前回もけっこう繁盛していたが今度も賑わっている。電車が来るまで20分ほどだが、そのさらに30分後にもう一本ある。とりあえず飲んで様子をみることにした。

日, 2012-04-29 15:43 - Captain Lawrence Kolsch(左)、Irish Breakfast Stout(右)Peekskill Brewery
Captain Lawrence Kolsch(左)、Irish Breakfast Stout(右)

黒板に書いてあるビールのラインナップを見てもどういうのかよくわからないなあ、と思っていたらバーテンがメニューをくれた。そこからC.R.E.A.M. Aleというやつを選んだが、運悪くこれは品切れ。それじゃ、と選んだのはCaptain Lawrence Kolschで、これは黒板にもあってちょっと気にはなっていたのでまあよろしい。この店の地ビールではないが、Tarrytown近くの醸造所で作っているらしい。もう一杯はこの店で作っているIrish Breakfast Stout。

こんなところでローカルなケルシュが飲めるとは珍しいな、とそれだけの思いで注文したCaptain Lawrence Kolschだが、これが予想以上にうまい。とてもバランス良くまとまった完成度の高いビールだ。うまい。

スタウトの方はかなりスモーキーで、これはちょっとやり過ぎじゃないかというほど煙い。ケルシュと比べると完成度は低いが、こういうスタウトがあってもいいだろう。

飲んでいるうちにまあ急いで帰らないでもいいや、と1本目の電車はパス。店内を見回すと色々とおつまみを食べている客がいてなかなかおいしそう。ふと見るとバーの脇にソフトシェルクラブのサンドイッチなんていう紙が貼ってある。しまった、これ食べてみるんだった。次回はもっとゆっくりして晩ご飯も食べて帰るか。

期せずしてCaptain Lawrenceが気になりだした。場所はNorth County Trailwayのほぼ南端。テイスティングもできるようだから何かのついでに寄ってやろう、と週末のやることリストに書き込んだ。

大きい地図

Categories: