Sunnyside: I am Thai (2012-09)

評価:4/5点4 stars

なんとなく二人ともタイ料理が食べたくなって金曜日のお出かけはSunnysideのI am Thaiに向かった。前回の驚きからほぼ一年。時折またあそこで食べたいよね、という話はしていたのだが、どの店も再訪サイクルが一年になってしまっている。困ったもんだ。

金, 2012-09-14 18:50 - Grilled marinated turmeric chicken w/ Green papaya salad & sticky riceI am Thai
Ubol

店の前は自転車でLIRRに乗りに行く時に毎回通るのだが、駅から歩いて行くのは久しぶりなので場所をThai Malay Cafeと勘違いしてしまった。ちゃんとYelpで地図を見て行かねば。

店の様子は相変わらず。先客が二組もいたのはちょっと意外。前回はヤムを食べなかったので一度試してみねば、と思っていたのだが、メニューにあるUbolという東北の料理に青パパイヤのサラダが付属するのでそれでよしとすることにした。もう一皿は麺、それも幅広の米麺にどうしても引き寄せられてしまう。ここはパッタイを幅広麺で作ってくれるというのでそいつにした。

当たりの柔らかいいかにもタイ人らしい男性がホール担当。Ubolの辛さは?と訊くのでスパイシー、と答えたら本当にスパイシーでいいか?当店のスパイシーは本当に辛いのであります、と念を押す。だいじょーぶ、辛いの好き、と返したのだが、じゃあミディアム・スパイシーにしておくから、もし足りなかったらもっと辛くします、という案を提示、というかそういうことにしたようだった。別にいいのに、まあいいか、と待つことしばし。デリバリーやピックアップの注文が次々と入ってくるのも前回同様。

そうして出てきたUbolはターメリックでちょっと黄色くなった鶏の胸肉。皮も外してあるしモモ肉だったらいいのになあ、と思いつつ食べると、スパイスやハーブの味もあまりしないし香ばしさもないのでこれは選択を誤った。餅米が付属するのは嬉しい。

青パパイヤのサラダは確かに充分辛い。この程度なら普通に食べられるのでこの店はミディアム・スパイシーが妥当な線のようだ。スパイシーにしたら戦闘モードで臨む必要がある。タレはちゃんとしているが、意外とスパイスとハーブの味が大人しく、そのかわりに土っぽい味がする。これはショウガ?ガランガ?としばらく二人で考え、多分ウコンだという結論に落ち着いた。色がないのは赤くない方の種類(春ウコン?秋ウコン?)だからだとlulunは言う。そういえばこの土臭さはうっちん茶に共通するものがある。

金, 2012-09-14 18:50 - Crispy Pork Pad Thai Flat NoodleI am Thai
幅広麺パッタイ

パッタイの肉にはクリスピーポークを選択。前回のブログを見ると外観はほとんど同じものを食べているではないか。我ながらわかりやすい。パッタイはやはりちゃんと作ってあって、もちもちした幅広麺とカリッとした豚肉、シャキシャキのモヤシ、やや薄味のタレの組み合わせがとてもよろしい。ライムを絞るとさらに良い。やっぱりここはうまいな。

平日のランチは6ドルでラインナップもけっこう充実しているのでlulunは肉屋との組み合わせての再訪を早くも画策しているようだ。ヤムもカレーも食べてみたいし、タイ風ステーキもデザートも気になる。また行こう。

大きい地図