Pennsylvania:Lancaster 経由で帰宅(3日目)

2012年10月28日(日)

旅行初日に夕食をとった店でハリケーンが近づいているというニュースを見ながら、これでは3日目は雨で何もできそうにないから予定を繰り上げようということになり帰りの電車を一本(3時間ほど)早いものに変更しておいた。

明け方に布団の中で土砂降りの雨音を聞きながら、「この雨の中を走らなければいけないのか。ゴアテックスのソックスを持ってこなかったので足がびしょ濡れになってしまう。風邪引かないかな。ドロドロになった衣類や自転車、自転車袋を掃除する仕事が増えるな」などと思いを巡らせて憂鬱になっていた。

幸い、朝起きたときは小降りになっている。ゆっくり用意をして、10時頃に出発。雨はほとんど降っていない。嬉しい。

日, 2012-10-28 10:07 - バギー大集合バギー大集合
バギー大集合

Amish の人たちは日曜日はお休み。みんなよそ行きの黒い服に着替えて、Red Caboose Motel の近くのお家に馬車で集合。教会ではなく人のお家に集まるのか。納屋のあたりに馬車が勢揃いしている様は圧巻だ。

日, 2012-10-28 11:16 - 日曜休みの乳製品屋日曜休みの乳製品屋
乳製品屋の看板

途中から雨が上がり、フードを外して走ることができたので、ずいぶん楽になった。前日と同じくアップダウンの多い道で、軽い方のギアに入らないため lulun は上り坂がきつい。夜中の雨で葉がかなり落ちてしまっていて、秋も終わりだ。農場で乳製品を販売してくれるようだが、日曜はお休み。

日, 2012-10-28 11:02 - Lancaster Country ParkKurtz Mill Covered Bridge
Kurtz Mill Covered Bridge

ランカスターの街の手前にある公園 Lancaster Country Park に、屋根付き橋 Kurtz Mill Covered Bridge を見に行く。橋巡りのラストだ。

日, 2012-10-28 11:07 - Lancaster Country ParkKurtz Mill Covered Bridge
Kurtz Mill Covered Bridge

街の方に向かって走っていると、久しぶりにビル群が視界に入った途端おぉーという気分に。街には黒人やラティーノたちがいる。そういえば、旅行中そういう人たちはまったく見かけなかった。

日, 2012-10-28 11:48 - Lancaster Central MarketLancaster Central Market
Lancaster Central Market

ランカスターの街は教会がたくさん。どれも、質素系のプロテスタントのものばかり。そういう街なのか。そして、店はほとんど閉まっている。日曜日はお休みのようだ。マーケットが開かれる建物はとっても立派。週に3日しか開かれないのがもったいなく感じる。営業しているところを見たかった。

日, 2012-10-28 11:46 - 泥はね泥はね
泥はね

Go bike はデザインが美しい分問題も多く、後輪に申し訳程度の短めの泥よけを付けるのがやっと。そのため、濡れた路面を走ると lulun はかなりの泥を浴びてしまう。背中と膝下部分がどろどろになってしまった。

今回の旅行の閉めは、Lancaster Brewery

存分にビールを楽しんでから駅に向かう。趣のある駅だ。エレベータが完備されているのも嬉しい。

日, 2012-10-28 14:02 - Lancaster Stationランカスター駅
ランカスター駅

14時40分初の電車。時間前になるとホームには大勢の人が。こんなにたくさんランカスターから乗るのと驚く。走り出してしばらくすると、昨日蒸気機関車で行った Paradaise の Strasbourg 鉄道と Amtrak が接近するあたりを通過。そして、kame は寝落ちてフィラデルフィア到着の少し前まで爆睡。

日, 2012-10-28 14:18 - Lancaster Station
ランカスター駅
ランカスター駅

「この列車は全席売り切れました」との車内アナウンスが流れる。フィラデルフィアで大勢降りたが、それ以上の人たちが乗り込んで来た。みんなハリケーン難民になる前に NY にたどり着きたいのだろう。電車が NY に着くのが17時半頃。ハリケーン対策で19時ぐらいから順次地下鉄が止まりだしてしまうので次の電車では間に合わない。

地下鉄 E線で Court Sq まで行き、あとは走って帰る。NY でも雨が降っていないなんて奇跡のようだ。家に帰る前にそのまま買い出しを済ませることに。みんなが買い出しをしているのでスーパーの棚は寂しい。牛乳と野菜、Pio Pio Riko で鶏一羽分を買うことができた。なんとか数日しのげるぐらいの食料を確保できて一安心。戻りの電車を変更しておいて本当に良かった。

最後は慌ただしかったものの、なかなか楽しい旅ができた。

Pennsylvania Day 3: Strasburg to Lancaster at EveryTrail

今日走ったのはLancasterまで20キロほど。