Ironbound: Marisqueira Seabras(2013-09)

評価:5/5点

恒例になりつつあるレッドブルズ → エッグタルト → Marisqueira Seabrasという巡礼コース。試合が終わったのが19時、それから早足でエッグタルトを買ってMarisqueira Seabrasへ。入り口から覗くとまだ立って待っている人がいない。19時30分なのにやったぞ。

日, 2013-09-22 19:47 - Planalto Douro Vinho Branco Seco Reserva 2012Planalto Douro Vinho Branco Seco Reserva 2012
Planalto Douro Vinho Branco Seco Reserva 2012

相変わらず戦場のような忙しさだ。そのせいか空いているテーブルがあるのになかなか案内されない。大人数の客が待っていてその席を作ろうとしているのだとあとでわかった。幸い回転はしているのでそう待たずに座れた。

メニューは予習していたし待っている間に方針を固めていたので迷いはない。蒸しハマグリ、タコのグリル、ブイヤベース的なMariscadaを注文。前回の反省からワインはボトルに。ウェイターの勧めで注文したPlanalto Reservaはキリリとしながらコクとわずかな甘みがあって料理に合いそう。料理が出てくるまで待つことしばし。すぐに出てくる冷菜を一つ頼むのが吉なのはわかっていたが、パンを食べ過ぎないように注意しながら待つ。

日, 2013-09-22 20:02 - ハマグリのレモンとオリーブオイル蒸しAmeijoas A Bolhao Pato
ハマグリのレモンとオリーブオイル蒸し

最初に来たのは蒸しハマグリ。プリプリのハマグリにオリーブオイルとレモンがたっぷりのソース。ワインは入っていないような気がする。これのためにパンをセーブしておいたのだ。たまたま隣のテーブルの家族も同じものを注文していて、汁をスプーンで貝殻に注いで飲んでいる。なるほどそういうことをするのか。塩気が強いがワインがうまい。

日, 2013-09-22 20:20 - タコのグリルタコのグリル
タコのグリル

前回に引き続きタコのグリル。最近ギリシャ料理屋で食べようと思いながら縁がなかったのでここで食べずにはいられまい。前回同様、奇跡のように柔らかい立派な足がニョキニョキ。でも何か様子が違う、と思ったら今回はタマネギのかわりに葉野菜が付属していた。そうか、前回は12月だったから根菜オンリーだったのか。それにしてもうまい。当然食べきれないので持ち帰り。

日, 2013-09-22 20:21 - Lobster, clams, mussels, shrimp and scallops served in a tasty tomato sauce with a touch of cognac, accompanied by rice also available in green sauceMariscada
Mariscada

以前食べたCataplanaとは容器が違うだけで一見同じものだが、メニューの説明によるとこちらはコニャックを使っているらしい。言われてみればそうかな、という程度の違いでこちらも激しくうまい。ロブスターをバリバリ、チューチューとやるので必然的に寡黙になる。汁を付属のスープとバターで炊いたご飯にかけて食べるのもおいしい。lulunはスプーンでひたすらスープを飲んでいる。

日, 2013-09-22 21:10 - フランフラン
フラン

今回は待っている間にデザートのケースを覗いておいたので、ポルトガル風のフランを選択。チーズケーキとかも美味しそうだったけどカスタード好きのkameとしてはまずプリンだろう(大量のエッグタルトを買っていることは関係なし)。濃厚でキャラメルの苦味とのバランスがなかなかよろしい。ここはデザートもなかなかなだ。

日, 2013-09-22 21:10 - エスプレッソとフランエスプレッソとフラン
エスプレッソ

lulunはエスプレッソ。酸味が結構強いけどちゃんとしたエスプレッソで嬉しそう。コーヒーはこうでなくっちゃ。

残ったタコとスープは持ち帰りにしたが、家に着いてスープが容器から漏れていたことが発覚。アルミに紙の蓋をしただけなので汁物には向かないのだ。それがわかっているので店員も汁はスプーンで掬って少し入れていただけなのだが、それを見ていなかったlulunは大変なショックを受けている。一方のタコの方は付け合せの野菜までしっかり入っているので「こんなのはどうでもいいのよ!」とお怒りだ。いやね、もっと汁を入れてたらもっと漏れてただけだから、となだめ、今度行くときはインド料理屋が使っているようなちゃんと封ができる容器を持っていこう、と誓ったのであった。


大きい地図

コメントを追加

 

おすすめの店map

lulunとkameをフォロー

Twitter icon
Facebook icon
Google+ icon
Flickr icon
RSS icon