American Ballet Theatre:Romeo and Juliet

2年前に続いてふたたび ABT (American Ballet Theatre)の公演を見るために Metropolitan Opera House へ。友人が出演することもあり、関係者チケットを入手してもらった。

水, 2018-06-13 13:27 - Metropolitan Opera HouseView on Flickr

会場に入るとレインボーカラーの裏表紙を上に向けてプログラムを渡される。旗として再利用できる仕組みらしい。このあたりのアイディアと意思表明と行動は実にアメリカらしい。

木, 2018-06-14 11:37 - Romeo and Juliet by American Ballet TheatreRomeo and Juliet by American Ballet Theatre

前回はステージに近いものの、かなり端の方のためステージの一部が切れてしまう席だった。しかし、見えるところは近くてとても良く見え、よいところと残念なところのある席。とはいえ、残念部分は帳消しになるぐらい破格のお値段なので、バレエ初心者は十分に楽しんだ。

水, 2018-06-13 13:48 - Metropolitan Opera House開幕前 席から

今年は、オーケストラ席も取れるかもしれないと言うので、そちらを第一希望でお願いした。ステージ全体が見渡せる席でありながら、60ドルでお釣りがきた。感謝。

水, 2018-06-13 13:51 - Metropolitan Opera HouseView on Flickr

途中休憩を2回入れての長丁場。どうやら、ロミオとジュリエットはほかと比べて長い作品らしい(本当になにもわかっていないのだ)。途中で集中力が切れたりしてしまったが、素人目にも踊りの質は前回のほうが高かったように思えた。2年前は殺されてしまうロミオの友人 Mercutio 役をやっていた Doniil Simkin が非常によいアクセントになっていた。

木, 2018-06-14 15:08 - Romeo and Juliet by American Ballet TheatreRomeo and Juliet by American Ballet Theatre

今回の Mercutio は、前回もうひとりの友人 Tybalt 役をやっていた Gabe Stone Shayer。悪くわないけれど、なにか物足りない。同様のことはロミオにも感じていた。終わったあとで出演していた友人に内部事情を聞くと、ロミオ役の Aran Bell は今日が主役デビューだった注目の新人だったとか。

水, 2018-06-13 16:55 - Metropolitan Opera House最後の舞台挨拶

みんな鍛えられていてスゴイなと感心しながらも、ズブズブの素人なので細かいことはよくわからない。テレビや DVD だときっとつまらないと感じるだろうけれど、やはり生というのは迫力あるし楽しい。

ところで、休憩のあいまに目立たないところの床に座り込んで昼食?をとっている若者たちがいた。一方でドレスアップしてきている人達もいる。この混ざり具合がニューヨークらしくっていいなと。オペラのときも同様なのだろうか?

休憩時間中に散歩をしていて シャガールの The Sources of Music の絵を見つけて感動。ところが、後で調べると The Triumph of Music というのが、とっても目立つところにあったらしい。全然気が付かなかった。今度行ったら見なくては。

水, 2018-06-13 15:11 - Metropolitan Opera HouseThe Sources of Music by Marc Chagall

ちょうど、lulun が見た回のステージの写真が使われている The New York Times の記事

コメントを追加

 

おすすめの店map

lulunとkameをフォロー

Twitter icon
Facebook icon
Google+ icon
Flickr icon
RSS icon