Astoria: 26 Corner Taverna

評価:4/5点

アストリアでのランチスポットを検討中に発見したのがこの26 Corner Taverna。なんともやる気のない店名だが、こういうギリシャ料理屋がまだまだ隠れているあたりアストリアは奥が深い。

日, 2013-03-17 13:01 - 26 Corner Taverna26 Corner Taverna
26 Corner Taverna

Yelpで写真を見た限りけっこううまそうだ。ほかにもFamily Corner Restaurant(このネーミングも好ましい)、Loukoumi Tavernaも候補に上がったが、今回はイワシのグリルが決め手になってこの26 Cornerに行くことにした。

このあたりだよな、とiPhoneを出して確認しようとしたらすぐ先に青を基調とした店らしきものが見える(ギリシャ料理屋はだいたい青)。さてはあれだな、と思ったらやっぱりそうで、なんてことはない、23rd Aveと26th Stの角にあるから26 Corner Tavernaというのだった。

近所の食堂という雰囲気の簡素な店にはこれまた近所のオッサンという感じの客が一組。4人がけのテーブルが8個あるだけの小さな店だ。

ホールをやっている元気なおばさんも近所の食堂的。メニューを吟味しながらlulunが「やっぱりタコのグリル食べる」と宣言すると、まるで聞いていたかのように壁に貼ってある何かの賞を指差して「この賞をもらったのはタコのグリルね」と教えてくれる。あとレモンポテト、というと「レモンポテトも賞もらったの」と来る。「イワシある?」と訊くと「イエース」、あとケフテデス、と言うと満足そうに深く頷いて去っていった。

日, 2013-03-17 12:18 - パンとタプナード26 Corner Taverna

テーブルにパンとタプナードが運ばれてきた。パンは暖めてありパリっとして表面が香ばしく、なかなか味も良い。ワインが進みそうだ。

日, 2013-03-17 12:19 - ワイン26 Corner Taverna
ワイン

そのワインはブリキの計量カップに入って出てくる。グラスというかコップも同じ路線で好ましい。安いけどなかなか食事似合いそうなワインだ。

日, 2013-03-17 12:20 - レモンポテト26 Corner Taverna
レモンポテト

まずレモンポテト。当然酸っぱいがニンニクもたっぷりで適度な焼き目が香ばしい。レモンポテトとしてはZenon Tavernaが上だが、これも悪くない。

日, 2013-03-17 12:26 - タコのグリル26 Corner Taverna
タコのグリル

次は本命タコのグリル。ハーブとオリーブオイルで焼いただけだがやっぱりうまい。豪華さではMarisqueira Seabrasが上だがTaverna Kycladesとは勝負できる。

日, 2013-03-17 12:28 - イワシのグリル26 Corner Taverna
イワシのグリル

イワシはやや小ぶりでメザシのようなのがちょっと残念だがまあ仕方ない。いずれにせよイワシ喰いのkameには嬉しい。

日, 2013-03-17 12:32 - ケフテデス26 Corner Taverna
ケフテデス

ころりとしたケフテデスは家庭的でこれはZenonの圧勝。lulunが最初に食べた肉団子だけちょっと臭みがあったそうだが、あとは問題なかったのでたまたま運が悪かったのか。これはもう頼まないでいいや。

きれいになった皿を見てホールのおばちゃんが「悪かったわねえ、お口に合わなくて」と笑いながらkameの肩をどつく。しばらくしてセモリナでできたらしいデザートを運んできてくれた。

日, 2013-03-17 12:54 - デザート26 Corner Taverna
デザート

見た目ほど甘くない。ちょっと麦こがしのような香ばしさとセモリナのぽそりかつもっちりした食感の素朴なお菓子だ。

ギリシャ料理屋としては特にどうということはないのだが、普通の人達のための普通の食堂がこうして普通に残っているのは嬉しい。料理だけではなくトータルとしてのこの店の存在を評価したい。つまりは好みのタイプの店なんだけど。

会計がたった50ドルだったのですげー安いぞ、と思って60ドル置いて店を出たらおばちゃんが出てきて「あのね、59ドルだったの」と言うのでlulunがさらに10ドルを置いてきた。玄関口から「ありがとね」と言うおばちゃんに手を振り、南に向かって自転車を走らせた。


大きい地図