lulunが書いた記事

明石ラーメン波止場:満州屋が一番

評価:4/54 star4

ラーメン波止場デビュー。この先何回行くことになるのやら

土曜のお昼前についたので予想よりすいていたが、時間とともにじわじわと人の数が増えていった。現在7店舗出ている中で選んだのが、久留米とんこつしぼりの「満州屋が一番」味玉付きをバリカタで注文。「神戸っ子」の店の外に漂っているのと同じ香り。これが久留米の香り?苦手な人にはきついかも。味玉は味が薄すぎて負けてます。焼豚は割と好きな路線。

神戸、北野:ビストロ近藤亭

評価:4/54 star4

以前から lulun の気になるお店リストに入っていたビストロ近藤亭についに行くことになった。行きやすさから考えて北野にあるお店の方へ。

鴨とフォアグラのテリーヌのサラダ添え。タコとアンチョビーのオイルフォンデュー。大山鶏ももローストのマスタードソース、牛はらみのステーキ。イタリアの赤。最初のテリーヌでよしよし。アンチョビがいっぱいはいったオイルにパンを浸して食べると(というより、パンにアンチョビをのせて食べていたのだけど)、ワインが止まらない。前菜の2品でワインがかなり進んでしまって、これじゃ1本で足りなくなる!という状況だったので急遽スローダウン。その方が Kame が酔っぱらいすぎないからちょうど良かったけど。

噂におとらず満足なお味。ビストロということもあり、気取らず、一つの皿を二人で突っついてワインを楽しめるのがよい。

大阪:黒門ラーメン

評価:2/52 star2評価:0/5

大阪のあの黒門市場にある黒門ラーメンは、極細の麺に豚骨スープ、そして一度ゆでた麺をカリカリに焼いた焼き玉が kame と lulun のお気に入りで機会があると食べるようにしていた店だった。

しかし、なんだかスープの味が変わってしまって魅力がなくなってしまった。寂しい。三宮の小金太の味が落ちた時悲しかったのを思い出してしまう。スープの風味もないし、豆板醤は辛みだけでなく、香りが嫌みに出ているし、大阪のお気に入りラーメン屋が一つリストから消えてしてしまった。

神戸、大倉山:登龍門

評価:3/53 star3

お散歩&水の科学博物館の前に、「登龍門」を訪問。

カウンター席だったので作業がよく見えた。Lulun は「こってりらーめん」を、Kame は「塩らーめん」を注文。

焼豚は注文分ずつ切って、餃子焼き機で焼いてくれ、良い感じに仕上がって暖かいのが載ってくるのがうれしい。スープは2種類用意してあり、それぞれをその度に暖めるし、そこに、焼き飯の注文や、豚キムチ入りの「スタミナらーめん」や「スタミナ丼」などを作るときは、それも最初から炒めるので、席数を考えても今のやり方はどんなものかなと疑問。動線を考えた配置にするともう少し能率が上がるかもしれないけど、やはり根本的に考え直した方がいいかも。それとも趣味でやっているのかな?

神戸の和歌山ラーメン丸高

評価:4/54 star4

加納町交差点の丸高へ久々に行ってきた。ここの味、ヤッッパリ好きだな。

11時半前に入店したときはガラガラだったのに、ラーメンが出てくる前に満席になった。やっぱり根強い人気ね。

スープもチャーシューもお気に入り路線。ネギが少ししか乗っていないことも好き。ゆで卵はあるけど、味玉はないのがちょっと寂しい。ここの炒飯がまた美味しく、よく出ている。卵の次に叉焼などがすでに混ぜられているご飯を鍋に投入。その後、濃い口醤油で味をつけてると思ったが、どうやらラーメン用のたれらしい。丸高に来ると、味比較のため「あじゅち屋」に行きたくなる。

今回のマイナスポイントは麺がゆですぎたったこと。いままでは、そんな失敗なかったのにな。次回からは「かたゆで」と指定しよう。

ページ