アメリカ

NY ベーグル屋めぐり:Ess-a-Bagle

評価:4/54 star4

NY にいる間にベーグル屋めぐりをちょこちょこしようと思ってます。今日は超有名店 Ess-a-Bagel へ。

Ess-a-Bagel Ess-a-Bagel

NY:焼栗発見

NY にも焼栗あるのね!

焼栗焼栗(左側)

近所の食材屋でカリフォルニア産の栗が売られているのは目にしていたけれど、道端のスタンドで焼栗を売っているのを見ると「おーっ」と思ってしまった。さすがに、ヨーロッパのように焼栗専門のスタンドではないけれど、売っているのね。栗好きの lulun は見るだけで嬉しくなってしまったよ。

ところで、プレッツェルを見るとドイツの方を思い起こしてしまうけど、アメリカでも人気の食べ物だったね。

モンドリアンの壁

電車通勤なんて15年ぶりだ。しかも大都会ということで、通勤だけで疲れてしまうのではないかと思いきや、東京と較べると空いていて楽なものだ。帰りなんかほぼ確実に座れる。乗り換え無しの7駅だけだし。

モンドリアンのトマソン(原爆タイプ)モンドリアンのトマソン(原爆タイプ)

ただし、職場が駅から遠い。10分ぐらい歩くが、せっかくなので毎日違う道を歩くことにしている。
二日目にして発見したのがこの壁。

NY:韓国通りとロックフェラーセンター&MoMA

エンパイアーステートビルの近くにコリアンタウンがあるという情報を元に散歩がてら出かけてみた。

ハロウィン前ハロウィン前

目につくのはやはりハロウィン用のカボチャたち。これは花屋さんの店先を撮ったもの。そのほかデリやスーパーの店先にもカボチャが並べられている。

NY:チャイナタウン

アジアンな食材を安く求めるなら欠かせないのはチャイナタウンだろうということで、偵察&調味料の調達に行ってきました。我が家の最寄り駅から地下鉄で4駅。駅についてから少々歩くが行きやすい。自転車があったらもっと便利だろうけれど、そこは諦めるしかない。

チャイナタウンチャイナタウン

NY:しばらくの住処(チェルシー地区)

ニューヨーク暮らしはホテルに2泊した後に、すぐにアパートに入れるという幸運な出だしとなった。ちょうど3カ月ほど NY を離れる人がいて、その間、家具や備品などそのままに部屋を借りるサブレットという、こちらではよくある借り方だ。ただし、最初の3カ月だけなので、また部屋を探して引っ越さなければならないけどね。入居と同時にインターネットも使えるしホント助かります。

アパート:外観アパート:外観

ニューヨークへの引越顛末記

kame と lulun は2008年10月2日の夜ニューヨークに到着した。とりあえず半年の予定だけれど、この先どうなるかは神のみぞ知る。

今回の引越を思い起こすと、ニューヨーク行きが決まって出発まで結果的に一カ月ちょっとあったので、京都や尾道など好きな場所に行ってきたことを始め、ある意味余裕があった。でも、具体的な出発の日程がいつになっても見えてこずに大変だったと言えば大変だった。最後の方は、査証の申請の一週間後には出発という過密スケジュール。なにせ、lulun のフライトを予約したのが3日前の9月29日というドタバタ劇だった。毎度のことながら、やればできてしまうものなのだ。

半年という予定での海外への引越はある意味難しかった。というか、やりようがあまりなかった。ちなみに、半年だからといって単身赴任なんて我が家ではあり得ないことなのだ。

Midtown : Zocalo(メキシコ料理)

評価:1/51 star

とにかく疲れていて、簡単に夕食を済ませたかった。そこで、グランドセントラルのフードコートへ行き、物色して、メキシコ料理の ZOCALO に入ることに。

NY:ユニオンスクエアー& NY市立図書館など

今日は正午前にホテルをチェックアウトしてから、NY での新居に入ることのできる夕方18時半頃まで時間をつぶさないといけない。疲労と時差ぼけの体には辛い。とても美術館のようなところに行って鑑賞する元気や集中力はないので、ユニオンスクエアーのグリーンマーケット(Union Square Greenmarket)に行ってみることにした。

人や車が多いし、ほとんど慢性的に渋滞している。常にどこかでサイレンが鳴っているような状態で、静かな神戸とは全く違い気が休まるときがあるのだろうかと心配になる。

プリペイド式のメトロカードを買って地下鉄に乗る。地下鉄のホームの壁には細かな等間隔に駅名が書いてあるので、到着した駅の名前を確認しやすい。さすが合理的にできている。

NY:デリの朝食

評価:2/52 star2

NY 初日の朝食は、泊まったホテル Travel Inn の横のデリで済ませる。疲れているし、とにかく一番お手軽なパターンに。ホテルのそばなので旅行客も多いが、常連もたくさんいるようだ。場所柄、通勤途中にあたるのだろう。

ページ

 

おすすめの店map

lulunとkameをフォロー

Twitter icon
Facebook icon
Google+ icon
Flickr icon
RSS icon