ご飯もの

仁川空港のフードコート

評価:3/5点3 stars

仁川に降り立ったlulunとkameは地下のフードコートに直行。前回航空会社の制服を着た人たちが大勢もりもり食べているのを目撃していたので一度使ってみたいと思っていたのだ。

Dscf1070-Smallフードコート

函館:馬子とやすべ

評価:3/5点3 stars

弁当が実においしかったので、馬子とやすべで食べてみることにした。ちょうどお昼時で混雑している。店内には色紙などが張ってあってそれなりに有名店らしいことがうかがえる。

「馬子とやすべ」の弁当

評価:5/5点5 stars

どんぶり横丁で弁当もやっている店は馬子とやすべぐらいのものではないだろうか。ざっと見た限りではここしか見当たらなかったので、lulunはタラバガニ弁当、kameはハラス弁当にする。ハラスを焼く間にごはんを団扇で冷す様子を眺めていると、何となく店員の立ち振る舞いから真面目そうな雰囲気が漂ってくるのだが、この時点ではあまり気に留めなかった。「できるだけ早く食べてください」との言葉とともに弁当を受け取り、駅前のバス停へ向かった。

函館:くいしんぼう

評価:3/5点3 stars

函館最初の晩は当然新鮮な海産物とくるわけだが、似たような店が多くて選びきれないという困難がある。偶然ホテルのすぐ近くに各種海鮮どんぶりの看板を出している店があったのでそこに行ってみた。店内に大きな生簀があってそこにカニやらホタテやらが入っている。

仁寺洞:古宮

評価:4/5点4 stars

最終日の昼食は仁寺洞の古宮へ。雪の中を歩き回って餅を買って、11時過ぎにまだほとんど準備中状態の店に入る。新しいしちょっと小洒落た雰囲気で普段kameとlulunが入る店よりはグレードが高い。従業員もぱりっとしたチマチョゴリを着て態度もきちんとしている。ここまでは値段相応、快適でよろしいということに。

古宮でのお目当てはユッケビビンバだったけどメニューにはなく、店員に訊いてもないという。仕方がないので全州伝統ビビンバとトルソビビンバを注文。トルソビビンバは我が家のと勝負という意味合いもあった。

小公粥家

評価:0/5点zero stars

ソウルプラザホテル裏の小公粥家で朝食。健康釜飯とあわび粥を注文。店内には日本人が2〜3組。

Dscf0452-Small健康釜飯

小さな牡蠣がたくさん載ってくるところは評価できるが、それにしては味が、なんというか、しない。おこげ用にお湯を頼んでも断られた。

ページ

 

おすすめの店map

lulunとkameをフォロー

Twitter icon
Facebook icon
Google+ icon
Flickr icon
RSS icon