お花めぐり NY2015(その1):ブルックリン植物園

2015年3月28日

寒さの厳しかった冬の余韻を引きずっている3月の最終週末、今シーズンのお花めぐりのスタートを切るべく ブルックリン植物園 に自転車で向かった。雪が舞い、まだまだ空気が冷たい。

土, 2015-03-28 11:42 - Brooklyn Botanic Gardenクロッカス Crocus

11時前に植物園に到着すると門の前のところに人が集まって何やらやっている模様。なんと果物の苗木を配布して育ててもらうというイベントらしい。きれいな花を咲かせている桃は大きすぎるものの、イチジクなどの小さな苗木だったら持って帰れそうで気になった(これ以上、育てる植物を増やしてどうするという現状もあるが)が、予約者が現れなかったらもらえるという状況だったので待つのも寒い上に時間がもったいないのでバス。事前に植物園のイベント情報をチェックして苗木を予約しておけばよかった。

土, 2015-03-28 10:56 - Brooklyn Botanic GardenFrozen Pond

植物園の中に入りいつものように日本庭園の方から見始める。桜はまだまだ気配もないし、池には氷が張っているではないか。春まだ遠しNY。

土, 2015-03-28 11:36 - Brooklyn Botanic GardenSnowdrops スノードロップ

シェークスピア・ガーデンの方に回ると、スノードロップの姿が。喜んで近づくとどれもまだ蕾。この寒さだし仕方あるまい。スノードロップ広場も蕾だった。

土, 2015-03-28 11:02 - Brooklyn Botanic GardenWinter Aconite キバナセツブンソウ(黄花節分草)

キバナセツブンソウ(Winter Aconite)もまだ蕾を閉ざしたままながら、色の少ない花壇に黄色い彩りを添えてくれている。

土, 2015-03-28 11:07 - Brooklyn Botanic Gardenクリスマスローズ Christmas rose

クリスマスローズは、あちらこちらでぼちぼち咲き始めていた。

土, 2015-03-28 11:11 - Brooklyn Botanic Gardenクリスマスローズ Christmas rose

例年なら鮮やかに咲き乱れているマグノリア園はモノトーンでがらんとしている。人が集まるのは何時頃になるのだろう。

土, 2015-03-28 11:06 - Brooklyn Botanic GardenMagnolia

マグノリアの蕾にとどまる雪の結晶という、珍しいものを目にすることができた。さむい中出かけてきたご褒美だろうか。

土, 2015-03-28 11:08 - Brooklyn Botanic GardenMagnolia w/ snow crystal マグノリアの蕾と雪の結晶

ところどころで、クロッカスの姿を見つける度にはしゃいでしまう kame と lulun。2週間前のスキー旅行直前にクロッカスが咲いたというニュースを聞いた時は、今年はクロッカスの花を見に行くことができないと嘆いたのに、いったいいつどこで咲いたというのか不思議に思うほどだ。クロッカスは寒くなると再び花を閉じるのだろうか?

土, 2015-03-28 11:47 - Brooklyn Botanic Gardenクロッカス Crocus

大好きなクロッカスの丘に行くと、クロッカスの蕾が土筆のように生えている。こんな姿を見たのは初めてだ。これもまた素敵な眺めだ。春がもうそこまで来ていると嬉しくなる。

土, 2015-03-28 11:52 - Brooklyn Botanic Gardenクロッカス Crocus

まだ咲く気配も現していない春の花が多い中、さすがマンサク(Witch Hazel)、見事に咲いていた。薄い黄色、濃い黄色、赤色と3本並んでいる場所があるのだが、ここが全部満開になっているのを見るのは初めてかも。

土, 2015-03-28 11:45 - Brooklyn Botanic GardenWitch Hazel マンサク

土, 2015-03-28 11:54 - Brooklyn Botanic GardenWitch Hazel マンサク

土, 2015-03-28 11:44 - Brooklyn Botanic GardenWitch Hazel アカバナマンサク

(名前がわからなくなった)この赤い地味な花もクロッカスが満開の頃には、終わりかけてさらに地味になっている姿を見ている花だ。

土, 2015-03-28 11:55 - Brooklyn Botanic GardenPersian Ironwood(Parrotia)マンサク科

春の訪れが遅い分、例年では見ることのない早春の植物園を楽しむことができたので善しとしよう。しかし、あまりにも寒いので途中何度か建物の中で暖をとったりしながら見学。そして、見るものも少ないので早々に退散した。

lulun は毎年春はお花を求めてNY中をさまよっている。しかし、ブログに残すことができているのは一部のみ。記録しておきたい花がたくさんあるのに消化不良の積み残し。年によって花の様子も違うから見なおすことができると参考になるし楽しめるのに残念だ。特に去年は4月に引越、5月に一時帰国と慌ただしく過ぎて無残な結果。今年は心を入れ替えて書くぞと一応心に誓ってみた。どうなることやら。