2015年夏休み 4日目:Vancouver & The Canadian

2015年7月19日(日)

今夜 20:30 Pacific Central 駅発の寝台列車 The Canadian でジャスパーに向けて出発する予定。それまでは、バンクーバー観光だ。

日, 2015-07-19 14:13 - バンクーバー港に停泊中の豪華客船バンクーバー港に停泊中の豪華客船

昨日、スーパーで仕入れたヨーグルトやフルーツ、スコーンなどで朝食をすませてから、チェックアウトをして、荷物を宿にあずけて出発。

日, 2015-07-19 14:01 - Steam clock蒸気時計

まずは、タクシーで Gastown へ移動し、バンクーバーの観光目玉スポットの一つ蒸気時計を見学。ある意味、これが?という感があるのはジュネーブの大噴水と同じだが、どちらも観光に訪れるよりも、住むのに良い街なのだ。

次は Waterfront Station から SeaBus で対岸の North Vancouver に渡る。週末なので、1ゾーンの切符で乗れる上に、その先のバスまで有効だ。

日, 2015-07-19 14:30 - SeabusSeabus

Seabusは、平日は通勤に使われるからだろうか、乗り口が数カ所あり、まるで電車に乗り込む感覚で乗船できる。よくできている。バスで Capilano Suspension Bridge Park(キャピラノ吊り橋公園)に移動。最初の吊り橋(長さ137m、高さ70m)が1889年に架けられて、125年もの間自然の中のアドベンチャー・スポットとして楽しませてくれる場所だ。

日, 2015-07-19 16:23 - Capilano Suspension Bridge ParkCliff Walk

お昼前に到着したら、入場券を買うところから長蛇の列。バンクーバーの数少ない見どころの一つに日曜日に来たこともあり、予想をはるかに超える人の数にたじろぐものの、ここまで来て予定を変更することはできない。

日, 2015-07-19 16:24 - Capilano Suspension Bridge Park吊り橋

目星をつけていたレストランが営業しておらず、公園の中に入ってカフェで、サンドイッチやピザで軽く昼食をとり、森林散歩スタート。日向に出ると暑い。今日も30度まで上がったようだ。

日, 2015-07-19 16:39 - Capilano Suspension Bridge ParkCliff Walk

目玉の吊り橋も、新たに谷底から高さ91mのところに突き出すように遊歩道「クリフウォーク」も、歩くまでそれぞれ順番待ち。日本だったら「立ち止まらずに進んでください」と指示されるところだろうが、こちらは思い思いに写真を撮ったりと自由に楽しませてくれる。地上30mのところを、木から木へと渡り歩くことができるトレイルも用意されていて、目の前に広がる世界が新鮮だ。

日, 2015-07-19 17:26 - Capilano Suspension Bridge ParkView on Flickr

植物のことや山のことなど自然を学ぶコーナーも充実していて、なかなか楽しい。シュガーメイプルと形は似ているものの小さな葉の木でバンクバーでよく見かけるは Vine Maple(ツタカエデ)という名前らしい。

日, 2015-07-19 16:40 - Capilano Suspension Bridge ParkCliff Walk

トレイル中にあるスタンプをすべて集めると、「I made it」証明書をもらうことができるし、無料のツアーガイドや子供向けプログラムなどいろいろ用意してあり、それぞれの楽しみ方ができる。

月, 2015-08-10 17:05 - Capilano Suspension Bridge ParkI mad it Certificate

帰りは無料のシャトルバスを利用して街まで戻り、Steamworks に入りビールで喉を潤す。6人もいると、10oz グラスを 7種類注文して味見ができる。もちろんそれだけで済むわけもなく、パイントで2種類とサングリアもいただいた。

バンクバーの危険なエリアを避ける道を通って中華街に行き、早目の夕食。お粥専門店で、お粥、ワンタン、芥蘭菜、豚料理などをいただく。

そして、ワインとおつまみを調達に。中華街にある大きな中華スーパーに入ったところ、日本食材の充実ぶりもすばらしい。やはり、西海岸はアジア人が多いからだろう。(ポートランドは例外だろうか?)

ホテルに戻ろうとタクシーを捕まえようとするが、先ほどまで時々視界に入っていたタクシーが、とたんに来なくなり少々焦る。しばらくしてなんとか空車をつかまえることができたけれど、余裕を持って行動していてよかった。ホテルで荷物を受け取ると再びタクシーに乗って駅へと移動。6人だと常に2台必要となるのも手配が大変なポイント。

日, 2015-07-19 22:22 - The Canadian Vancouver-Jasperバンクーバー駅のチェックインカウンター

駅に到着すると、すでに同じ電車に乗ると思われる人たちが集まっている。まず荷物を預ける。しかし、手際が悪く列の進みが遅く、間に合うのだろうかと心配になるぐらいだ。

日, 2015-07-19 23:08 - The Canadian Vancouver-Jasperバンクーバー駅に停車中のThe Canadian

ホームに入れるようになると、恐ろしく長い電車が停車しており、乗り場がよくわからない。車掌に尋ねてみると、2つのホームに分かれて停車しており、我々が乗る車両は別のホームの方らしい。再び歩いて移動。改札を入ったところで、どちらに行けばよいか指示してくれるシステムにすべきではないか。

日, 2015-07-19 23:11 - The Canadian Vancouver-Jasperバンクーバー駅に停車中のThe Canadian

乗車すると、車両の担当の人が説明にやってくる。ウェルカムシャンペンサービスがあるというので、パノラマカーへ。しゃれたアミューズも。そして、シャンペンのおかわりもつぎにきてくれる。こんなサービスがあるなんて嬉しい。

日, 2015-07-19 23:53 - The Canadian Vancouver-Jasperパノラマカーでのウェルカムシャンペン

荷物のつめ込み作業や、別れて停車していた車両の連結作業が終わりようやく出発。50分遅れの 9時20分だった。もう明かりが僅かしか残っておらず、バンクーバー郊外の景色を楽しむことが出来ずに残念だ。

月, 2015-07-20 00:11 - バンクーバー駅に停車中のThe Canadian  The Canadian Vancouver-Jasperパノラマカーから見た夕日

交代でシャワーに入りながら、宴会開始。シャンペンを飲んでいたのにもかかわらず、ワインを2本空けてしまった。11時ごろに就寝。

重複する部分もあるだろうが、寝台列車 The Canadian に関する詳細は明日のブログに。

コメントを追加

 

おすすめの店map

lulunとkameをフォロー

Twitter icon
Facebook icon
Google+ icon
Flickr icon
RSS icon