Flushing: 川覇王(Szechuan House

評価:3/5点

一昨日ひどい目にあったので雪辱を期してフラッシングへ向かった。今回のターゲットは四川料理。

日, 2017-01-22 12:45 - 川覇王 Szechuan House川覇王 Szechuan House

狙っている四川料理屋は何軒かあるのだが、今回選んだのは川覇王(Szechuan House)だ。なんと最近行った新美華鉄路弁当の隣。反対側の隣も四川料理屋なのでいずれそちらも試そう。

店内はわりと空いているが数組の客がほぼ全員鍋をつついている。やっぱり冬は鍋がいいのかな。こちらは腕試しがかかっているので普通の料理を3点ピックアップ。メニューが豊富なので選ぶのが大変だ。

日, 2017-01-22 13:02 - 川覇王 Szechuan House金葉回鍋肉 揚げワンタン皮入りホイコーロー

まずは回鍋肉。金葉というのはワンタンの皮を揚げたものらしく、こいつが上にパラパラとかけてある。豚肉はとても薄く切ってあるが一度蒸してあるのか、ただ炒めているだけではなさそうな風味がある。季節柄葉ニンニクではなくて青ネギなのが残念だがしかたあるまい。豆鼓も唐辛子も控えめ。

日, 2017-01-22 13:02 - 川覇王 Szechuan House宮保蝦仁 エビのクンパオ炒め

エビのクンパオ炒めも花椒が控えめだがそこそこ辛い。エビがプリッとしてなかなかよろしい。セロリとピーナツとの組み合わせも悪くない。ご飯が進む。

日, 2017-01-22 13:04 - 川覇王 Szechuan House鶏年糕 餅と鶏肉炒め

餅炒めが出てきたらlulunが何やら衝撃を受けている。メニューを見た時になぜか粽だと勘違いしていたらしい。lulunが餅炒めを選ぶのは珍しいと思ったけどkameは餅食いなので賛成したのは当然のこと。

これがけっこう美味い。全然辛くなく、スープとオイスターソースで広東料理のような仕上がりだ。そう、スープとオイスターソースが良ければ美味しい料理ができるのだ。

この店はなんでも創業1985年だそうでけっこう老舗の部類に入るようだ。長年親しまれている味なのかどうかはわからないが、少なくとも今回食べた料理には成都大府小吃の突き刺さるようなスパイスの刺激はなかった。次回は思い切り辛そうな料理を選んでみよう。

コメントを追加

 

おすすめの店map

lulunとkameをフォロー

Twitter icon
Facebook icon
Google+ icon
Flickr icon
RSS icon