特集ページ:淡路島サイクリング 2006/11

淡路島サイクリング

11月の3連休を利用して淡路島へサイクリング。サイクリングには最適な時期なのになぜか開いているキャンプ場が少ない。やむを得ずロケーションは良いのだが温水シャワーがない明神キャンプ場をベースとする。

1日目:神戸から明石まで走り、たこフェリーで岩屋へ、そこから西海岸を南下して明神キャンプ場へ。
2日目:続けて西海岸を南下、海岸沿いを鳴門まで、そこから洲本、山越えで明神へ。
3日目:明神から東海岸へ山越え、津名から東海岸を北上、岩屋から明石へ渡り神戸へ。

明石の魚菜 瑞穂で昼食後、すぐ近くのフェリー乗り場へ。さすがに連休なので混んでいるが、自転車なのであまり待たずに乗り込む。たこフェリーは遠くからは見慣れているが乗ってみるとけっこう大きい。

あわぢびーる

評価:3/5点3 stars

久留麻の福寿司のすぐ近くに地ビールの横断幕を発見。あわぢびーるはその工場の跡地みたいな不思議な空間でひっそりと作られている。日曜日なので休みかな、と思ったら開いていたのでピルスナー、ヴァイツェン、ケルシュをパスしてアルトを一本買う。

Dscf1123-Small-Rあわぢびーる、アルト

久留麻:福寿し

評価:5/5点5 stars

3日目の昼食は久留麻の福寿しと決めていた。津名方面からだと東浦総合庁舎を過ぎてすぐ右側にある。お目当ては5000円とちょっと高いが巨大なネタで知られる握りだ。

Dscf1198-Small福寿し

入ってすぐの所に大きな生簀がある。確かおまかせという名称だった5000円の握りを頼むと、この生簀からエビを掬ってくれた。仕上がりはご覧の通り。

福良:一作

評価:2/5点2 stars

福良での昼食はこの一作。けっこう評判が良いのでそこそこ期待して訪れた。予想通りかなり混雑している。厨房では大将と明らかにその息子たちと思われる若者が黙々と働いている。

Dscf1191-Small一作

二人とも確か2000円の特上握りを注文。内容は左上から鮭、?、イカ、ハマチ、エビ、ウニ、サザエ、穴子。サザエの寿司は初めてだが磯の香りがしてなかなか良い。

 

おすすめの店map

lulunとkameをフォロー

Twitter icon
Facebook icon
Google+ icon
Flickr icon
RSS icon