特集ページ:ドミニカ・マルティニーク

2016年7月、カリブ海のドミニカとマルティニークへの旅

Anse-à-l'Âne:Ilet Kayali(マルティニークの宿)

評価:3/5点 2016年7月16日〜7月21日 5泊

マルティニークの宿は、首都 Fort-de-France と湾を挟んで向かいの Les Trois-Îlets にある Airbnb の宿 Ilet Kayaliだ。Fort-de-France から渡し船に乗り20分ほどのところにある Anse-à-l'Âne (隣の村 Anse-Mitanとの三角運行をしている)に到着すると船着場にオーナーの息子さんが車で迎えに来てくれている。ドミニカからマルティニークへのフェリーが遅れたために到着予定が大幅に遅れたが、kame が連絡を入れておいてくれたらしい。通信ができるというのはこういう時に助かる。

日, 2016-07-17 18:34 - Anse a l'Aneの我が家からの夕日Anse a l'Aneの我が家からの夕日

少し山を上がったところにある物件だと聞いていたので、どのくらい遠いのか心配しながら向かう。急坂を上がり始め焦ったが、すぐに着いたのでほっ。スーパー、ビーチ、レストラン、船着場には徒歩圏内で便利だ。

マルティニークの食物

前編のドミニカの食物と同じようにマルティニークで出会った食物のまとめ。別ブログですでに書いたものは(ほぼ)除く。

月, 2016-07-18 11:22 - 北の青物市場北の青物市場

ドミニカからマルティニークはフェリーで2時間という近さに反して、あまりにも暮らしが違う。ドミニカは楽園、マルティニークは文明社会。食文化も距離の近さからは想像できない隔たりがある。国というものは地図に書かれた線だけではない力を持っているのを見せつけられた。

Anse à l'Ane: Pignon Sur Mer

評価:3/5点

フェリーでは船酔いに悩まされたが夜までにはなんとか食欲回復。スーパーで買物をし、夕暮れ時のビーチを散歩して7時まで時間を潰してから狙いをつけたPignon Nouvelle Vagueに行ったらなんと予約でいっぱいだった。週末なので家族連れが大勢来そうだ。

土, 2016-07-16 20:38 - Pignon Sur MerPignon Sur Mer

店員が「隣の店も同じ家族の経営だけどどう?空きがあるか訊いてくる」とつかつかと開店準備中のおばさんに向かっていく。空きはあるが開店が7時15なのでまた海を見て時間を潰す。

Grande Anse d’Arlet(マルティニーク):シュノーケル

2016/07/19(火)

明け方から雨の心配なお天気。湿度が高く不快だ。天気予報をいくつかチェックして、なんとか午後はよくなりそうだと判断。半島の先の方にある漁村 Anse d’Arlet 行きに Goサインを出した。

火, 2016-07-19 14:01 - Les Anses d'Arletビーチの北端から見た村

火, 2016-07-19 14:25 - Les Anses d'ArletHorse-Eye Jack

昨日見つけたバスの時刻表に出ていた 10時21分発のバスに乗ることにした。2時間に一本ぐらいしかない不便なところなのだ。車で15分の距離でも峠越えがあり歩いて行くには厳しい。

Anse à l'Ane: Le Nid Tropical

評価:2/5点

晩ご飯はAnse à l'Aneの浜辺にあるLe Nid Tropicalへ。わりと大きな店でメニューもなかなか豊富だ。

水, 2016-07-20 12:58 - Le Nid TropicalLe Nid Tropical

昼に食べて気に入ったlambisの煮物があるので食べてみることにした。あとはエビのクレオール風、ワインという黄金の組み合わせ。

Anses d'Arlet: La Kay

評価:2/5点

2時間に一本しかないバスに15分だけ揺られてやって来たAnses d'Arlet。村にはいくつか食堂があるようだが海辺で営業しているのは2軒だけだった。近い方の海の家、La Kayでお昼とすることにした。

火, 2016-07-19 12:22 - La Kay炭酸水DidierとビールLorraine

12時過ぎにメニューを眺めていると若者が近寄ってくる。「ランビスある?」「ああ」「鶏のコロンボは?」「ああ」という具合で手応えがない。なんとかどっちもあるということは確認できたのでそのへんのテーブルに陣取る。

Fort-de-France 街歩き

マルティニークで滞在している Anse à l'Âne から渡し船に乗って首都 Fort-de-France に買い出しを兼ねたお出かけ。ところで、マルティニークの地図を Apple Map や Google Map で見るとかなり悲惨。特に海岸線は惨憺たるモノで、たとえば船が陸から出るように表示されてしまう。

月, 2016-07-18 09:57 - フェリー 渡し舟フェリー 渡し舟

朝10時半発のナベットに乗船。舟の先頭に座ると風が来て気持ちがいい。Fort-de-France は最初に到着したときにスーツケースを引きずって、フェリー乗り場からナベット乗り場まで移動したときに横目で見ながら街だなと驚いた。楽園ドミニカにしばらく滞在した後に突然文明社会が目の前に広がっていたのだから無理もない。

Fort-de-France: The Yellow

評価:4/5点

マルティニーク随一の都会、Fort-de-Franceに出てきたからには食事は厳選しなければならない。以前読んだ記事で言及されていたThe Yellowはもっとクレオールな店かと思ったが店の前に出ているメニューを見たらけっこうストレートなフランス料理のようだ。

月, 2016-07-18 12:02 - The YellowThe Yellow

Anse à l’Ane:シュノーケル

2016/07/17 (日)

昨日ドミニカからマルティニークへ移動してきた。宿のある Anse-à-l'Ane のビーチに繰り出す。昨日の散歩で近道を見つけたので、宿から歩いて10分もかからない。

月, 2016-07-18 09:53 - ビーチビーチ

到着したのが昼前だったためか、まだ人が少ない。早速、シュノーケリングへ。岩場かと思っていたところに近づくと、沈没船だ。少し魚がいるものの、砂が舞い上がるせいか水が濁って見えにくい。砂というよりは泥と言ったほうが良さそうなほど細かい粒子だ。(後日気がついたのだが、一昨日までかなり雨が降っていたそうなので川から流れてきた泥のせいで濁っていたと思われる)

Anse à l'Ane: Kréol KFé

評価:4/5点

マルティニークでの一日目は近くのビーチで過ごす。お昼を食べようと浜辺に並ぶ小屋(lulun曰く「海の家」)を物色していたらメニューを書いた黒板が出ている店があった。

日, 2016-07-17 14:35 - Kréol KFéメニューはこれだけ

足を止めて見ていたらおばちゃんが呼びこみに来た。種類が少ないのでほかにメニューがあるかと訊いたらこれだけだという。候補にしてたもう一軒はテントなので暑そうだが、こちらは木陰なので入って食べることにする。

ページ

 

おすすめの店map

lulunとkameをフォロー

Twitter icon
Facebook icon
Google+ icon
Flickr icon
RSS icon