特集ページ:沖縄 2006/12

2006年12月6〜10日、lulunとkameは沖縄に行きました。日程はこんな感じ:

12/06 神戸 -> 那覇 -> 首里 -> 名護 -> 備瀬
12/07 備瀬 -> 今帰仁 -> 本部 -> 備瀬
12/08 備瀬 -> 美ら海水族館 -> 名護
12/09 名護 -> 那覇 -> 首里 -> 那覇
12/10 那覇 -> 神戸

備瀬:コッコ食堂

評価:2/5点2 stars

立派なフクギ並木で知られる備瀬集落の入口にコッコ食堂はある。集落内の普通の民家で目立たないところにあるが、沖縄らしい素朴な看板が要所に置かれているので迷うことはない。

Dscf1427-Smallコッコ食堂の門

名護:満味

評価:4/5点4 stars

名護市内から北に伸びる道路沿いにある満味は、アグーと六白をかけたやんばる島豚なる豚を食べさせてくれる店だということで早くからkameのレーダーにかかっていた。名護で一泊することにしたのはここで食べるためと歩みのサーターアンダギーを買うためというのも我々らしい。

Dscf1495-Small満味

名護:薫風

評価:2/5点2 stars

満味の締めにはそばということで、宮里へとタクシーを飛ばした。降りて宮里そばを探したのだが見つからないので、きっと夜だから閉っているのだろうということでたまたま見つけたそば屋へ。これが薫風だった。

Dscf1507-Small-R薫風

ペンション備瀬崎の食事

評価:4/5点4 stars

大将は東京で板さんをしていたというだけあって、ペンション備瀬崎の食事はおいしい。当初は夕食1回は外食するつもりだったが、2日目も食べることにしたのは雨もあったが何よりも1日目がおいしかったからだ。

備瀬:ペンション備瀬崎

評価:3/5点3 stars

沖縄の宿は意外と情報がありそうでなかったりする。備瀬周辺で宿を探した時も候補に挙がったのは民宿岬とここペンション備瀬崎だけだった。フライトが取れて次にしたことは民宿岬に予約の電話を入れたことだったが、ちょうど2泊する2日間が、年に2日しかない沖縄美ら海水族館の休館日に当たるので宿も休むという。ペンション備瀬崎の方はやっていたのでこちらの泊まることにした。

Dscf1340-Smallペンション備瀬崎

本部:新垣ぜんざい

評価:4/5点4 stars

きしもと食堂と並ぶ本部の有名店。そばを食べて直行した。写真で見ていた新垣ぜんざいは古ぼけた商店という雰囲気だったが、最近建て替えたのかすっかりきれいなコンクリート造りに変身していた。

Dscf1230-Small-R新垣ぜんざい

本部:きしもと食堂

評価:4/5点4 stars

今帰仁から土砂降りの中をバスに揺られて本部のきしもと食堂へ。灰汁を使ってあくまでも伝統的な製法を守っているということで知られる有名店だ。

Dscf1227-Smallきしもと食堂

ページ

 

おすすめの店map

lulunとkameをフォロー

Twitter icon
Facebook icon
Google+ icon
Flickr icon
RSS icon