食べ物/食材 + ご飯もの + パン + 麺類 + お菓子 + チーズ/乳製品 + 保存食 + 野菜 + 果物 + 肉類 + 魚介類

冷燻

2月11日土曜日に冬の風物詩?冷燻を行った。冷燻の目玉はなんと言ってもスモークサーモンと生ハムである。しかし、温燻で作ると乾燥しすぎてしまう牡蠣やホタテの類も冷燻ならではのよさがある。

Dscf2124-Small Dscf2125-Small 燻製前

ハムとマスゴンゾーラのスパゲッティ

せっかくのマスゴンゾーラなのでこいつを使ったもパスタも、ということで作ったのだがこれ。

Dscf2126-Smallハムとマスゴンゾーラのスパゲッティ

マスカルポーネとゴルゴンゾーラを使ったソースには大きく分けて生クリームを使うやつと使わないやつという2系統があるようだ。クリーム無しタイプはちょっとチーズが強く出過ぎる気がしたのでクリームタイプを選んだ。

まずバターにプロヴァンスのハーブひとつまみをなじませ、にんにく、ローリエ、自家製ハムとしめじを炒め、白ワイン少々で煮詰め、生クリームを追加。塩こしょうをして、マスゴンゾーラを味を見ながら足していく。そこへパスタ。本当なら手打ちの生パスタと行きたいところだが時間がないので乾麺で我慢。もちろんおろしたてのパルミジャーノを添える。

自家製ピザ 2007-02-10

たまたまチーズの在庫が豊富なので今回のピザはクアトロ・フォルマッジオがベース。とは言っても業務スーパーのピザ用チーズにパルミジャーノ、チェダー、グリエールといういい加減なコンビネーションだ。一枚はいつもと変わらぬシーフードのトッピングでチーズを味わい、もう一枚は出張で仕入れてきたサラミとマスゴンゾーラで攻めようという企画。

02100005-Smallマスゴンゾーラ

マスゴンゾーラは名前の通りマスカルポーネとゴルゴンゾーラが半々に入っているもの。こちらはコープブランドだが、ライバルのミグロではゴルマスという名前で売っている。

ウィスラー:Crystal Hut

評価:4/5点4 stars

Blackcombの上の方、ゴンドラとリフトを3本乗り継いで上がったところにCrystal Hutがある。名前の通りの小さなログハウスだが大繁盛している。お目当ては焼きたてのワッフル。

Dscf2084-SmallCrystal Hut

ウィスラー:3日目

朝起きると曇りである。さすがに一昨日・昨日のような晴天はいつまでも続くわけないか。クリームチーズを塗ったベーグル、ハムに野菜にコーヒー、りんごなどの朝ご飯。コーヒーはお土産にいただいていたハワイのパナコーヒーを持参したが豆のせいなのか、コーヒーメーカーのせいなのか悲しいほど薄いので、鍋で沸かし入れる方法に変更したらだいぶまともになった。スーパで買った牛乳が甘味があって美味しかった。Saputo というモントリオールに本拠を置くカナダでは大手なのではと思われる会社の Dairyland というブランド。日本でもこのくらいの牛乳がスーパでお手頃な値段で買えるとよいのにね。スーパーの棚のDairyland の牛乳の中に季節限定&ブリティッシュコロンビア限定発売のオーガニックミルクというのが並んでいて気になったけど、普通の値段が3倍ほどするので手が出なかった。それと Minute Maid のオレンジジュースで Home Squeezed Style という果肉のたっぷり入ったのがあって、それもお気に入りの飲み物でした。

ウィスラー:Beaver's Tail

評価:3/5点3 stars

ウィスラー山に上がるゴンドラの中間駅の脇にBeaver's Tailに行った。ここの店名にもなっているBeaver's Tailを食べるためだ。一種の甘い揚げパンなのだが、今時ウィスラーで揚げたてを味わえるのはここだけらしい。アップルシナモンとメープルを一つずつ注文。

Dscf1921-SmallBeaver's Tail

サンフランシスコ:Swan Oyster Depot

評価:4/54 star4

サンフランシスコでシーフドを食べるなら生ガキと蟹でしょうと、Kame 探してくれた店 Swan Oyster Depot へ。店内はカウンターしかないし、みんなビールなど飲みながらくつろいでランチをしているので外で待つこと40分ほど。その間もお持ち帰りの人はどんどん注文してもって帰っていく。食べてから手みやげに持ち帰る人もいて大繁盛。

Dscf1317-Small* Swan の外

サンフランシスコ:Memphis Minnie's BBQ

評価:3/5点3 stars

本当のバーベキューとは薪から煙を出しながら長時間調理するものなのである、ということは職場のBBQマニアから聞かされていた。彼はフランス在住ながらテキサスまでBBQ大会の見学に出かけていくような酔狂な輩なのだ。その話を聞いたとき、ふーん、じゃ薫製みたいなものか、一度どんなものか食べてやろう、と薫製に多少造詣のあるkameは心に決めたのだった。

Dscf1321-SmallMemphis Minnie's

日生:上内

評価:3/5点3 stars

冬の瀬戸内海といえば当然牡蠣なので日生へ向かった。確か五味の市に海産物を食べさせる店があったと思ったのでまずは五味の市へ。漁港にはロープにホタテの貝殻を付けた牡蠣の養殖グッズ(?)が頼もしく山積みにされている。

五味の市はなかなか繁盛している。各種海産物が売られているがやはり牡蠣が多い。値段もlulunが「安い!」とつぶやくほどなので神戸一を誇る湊川よりも安いらしい。だが生ガキを食べさせてくれるところはない、というか飲食店が道の反対側に一軒あるだけ。ここはひとつ市場内に食堂を作ってやればかなり儲けられるだろうに、備前市は欲がない。

那覇:御殿山

評価:4/5点4 stars

そば博物館ができて各地のそばが手軽に楽しめるようになったのは嬉しい。おかげで以前から気になっていた御殿山も、首里そばとどちらに行こうか悩まずに食べられるようになった。灰汁、無化調だというから一度は食べなければならないと思っていたのだ。

Dscf1568-Smallすば

ページ