食べ物/食材 + ご飯もの + パン + 麺類 + お菓子 + チーズ/乳製品 + 保存食 + 野菜 + 果物 + 肉類 + 魚介類

那覇:麺そーれ

評価:2/5点2 stars

麺そーれは石垣から毎日空輸する麺を使った八重山そばが売りだ。いや、正確には我々がそう思っているだけで必ずしもこれが目玉商品ということではないらしい。でもこれは一度食べてみないわけにはいかない。

Dscf1570-Small八重山そば

沖縄そば博物館

評価:4/5点4 stars

国際通りを歩いていて偶然そば博物館なるものの存在を知った。大久保の明石ラーメン波止場に何度か足を運んだことのあるlulunとkameは一瞬でその意義を理解した。こんな重大な新事実を知らずに那覇に来てしまったのは不覚だったが、気がつかずに帰らなくて良かった。場所も三越の隣と至便だ。開店が11:30とやや遅いのが玉にきず。

那覇:パーラーわくた

評価:4/5点4 stars

国際通りの入口にあるパーラーわくたは一見そこらへんにある女子中高生向けのジャンクスイーツ屋なのだが、沖縄県産の素材を無添加で使うというこだわりがある。そば博物館の開店まで時間があったので、国際通りをぶらぶらしながらパーラーわくたを目指した。

Dscf1281-Small-Rパーラーわくた

那覇:大東そば

評価:3/5点3 stars

小桜で幸せになったlulunとkameは胃袋を満たすためにちょうど宿の向かいのホテルにある大東そばへ向かった。だいたいそば屋というものは早く閉るので心配だったが、ちょうど8時前に到着。

那覇:花ごよみ

評価:3/5点3 stars

夕方、まだ飲むには早いという時間帯にぜんざいを賞味するために壺屋にある花ごよみへ。見た目はきわめて普通の喫茶店で、店としてはそばを売りにしているようなのだが、lulunが注目したのは宮古産の黒豆ぜんざいがあるからだ。

Dscf1278-Small花ごよみ

備瀬:コッコ食堂

評価:2/5点2 stars

立派なフクギ並木で知られる備瀬集落の入口にコッコ食堂はある。集落内の普通の民家で目立たないところにあるが、沖縄らしい素朴な看板が要所に置かれているので迷うことはない。

Dscf1427-Smallコッコ食堂の門

名護:満味

評価:4/5点4 stars

名護市内から北に伸びる道路沿いにある満味は、アグーと六白をかけたやんばる島豚なる豚を食べさせてくれる店だということで早くからkameのレーダーにかかっていた。名護で一泊することにしたのはここで食べるためと歩みのサーターアンダギーを買うためというのも我々らしい。

Dscf1495-Small満味

名護:薫風

評価:2/5点2 stars

満味の締めにはそばということで、宮里へとタクシーを飛ばした。降りて宮里そばを探したのだが見つからないので、きっと夜だから閉っているのだろうということでたまたま見つけたそば屋へ。これが薫風だった。

Dscf1507-Small-R薫風

本部:新垣ぜんざい

評価:4/5点4 stars

きしもと食堂と並ぶ本部の有名店。そばを食べて直行した。写真で見ていた新垣ぜんざいは古ぼけた商店という雰囲気だったが、最近建て替えたのかすっかりきれいなコンクリート造りに変身していた。

Dscf1230-Small-R新垣ぜんざい

本部:きしもと食堂

評価:4/5点4 stars

今帰仁から土砂降りの中をバスに揺られて本部のきしもと食堂へ。灰汁を使ってあくまでも伝統的な製法を守っているということで知られる有名店だ。

Dscf1227-Smallきしもと食堂

ページ