食べ物/食材 + ご飯もの + パン + 麺類 + お菓子 + チーズ/乳製品 + 保存食 + 野菜 + 果物 + 肉類 + 魚介類

仁川空港のフードコート

評価:3/5点3 stars

仁川に降り立ったlulunとkameは地下のフードコートに直行。前回航空会社の制服を着た人たちが大勢もりもり食べているのを目撃していたので一度使ってみたいと思っていたのだ。

Dscf1070-Smallフードコート

那覇空港:ぜんざい屋

評価:3/5点3 stars

いよいよ帰らなければならないので那覇空港へ。それでも最後にぜんざい屋に寄ることは忘れない。到着ロビーの右端(到着してすぐなら左端)、郵便局の前にある。ぜんざいのふーちばーアイス載せとゴーヤジュースを選択。食券を買って席に着く。

Dscf0962-Smallぜんざいのふーちばーアイス載せ

安座真:サンサンジェラード

評価:4/5点4 stars

安座真さんさんビーチへ降りる途中にサンサンジェラードはある(ジェラーではない)。EMアイスという意味不明の看板を掲げていたので気にはなっていた。その上この日グスク巡りの途中でそのEM方式で鶏を育てているところがあり、そこの鶏たちが元気そうだったので一気に必須項目に浮上したのだった。

首里そば

評価:5/5点5 stars

神戸空港から朝9:35発の便に乗ると昼には那覇に着けるようになり、ゆいレールもできて首里そばが近くなった。これは嬉しい。今後の那覇行きの定番コースになるに違いない。

Dscf0854-Small-5首里そば

変わらぬ場所に変わらぬ首里そばがあった。店内の内装は少し変わっていたが基本は同じだ。そばは当然だが、何年も前に初めて来た時に気になっていた煮付けも今回は頼んだ。

函館:馬子とやすべ

評価:3/5点3 stars

弁当が実においしかったので、馬子とやすべで食べてみることにした。ちょうどお昼時で混雑している。店内には色紙などが張ってあってそれなりに有名店らしいことがうかがえる。

「馬子とやすべ」の弁当

評価:5/5点5 stars

どんぶり横丁で弁当もやっている店は馬子とやすべぐらいのものではないだろうか。ざっと見た限りではここしか見当たらなかったので、lulunはタラバガニ弁当、kameはハラス弁当にする。ハラスを焼く間にごはんを団扇で冷す様子を眺めていると、何となく店員の立ち振る舞いから真面目そうな雰囲気が漂ってくるのだが、この時点ではあまり気に留めなかった。「できるだけ早く食べてください」との言葉とともに弁当を受け取り、駅前のバス停へ向かった。

函館:くいしんぼう

評価:3/5点3 stars

函館最初の晩は当然新鮮な海産物とくるわけだが、似たような店が多くて選びきれないという困難がある。偶然ホテルのすぐ近くに各種海鮮どんぶりの看板を出している店があったのでそこに行ってみた。店内に大きな生簀があってそこにカニやらホタテやらが入っている。

牡蠣とアワビ

02030006-Small 地元の牡蠣

02030008-Small 初めて自分で調理?したアワビ

蟹炒飯 Com Rang Cua

評価:3/53 star3

Dscf0620-Small 蟹の量には脱帽

蟹炒飯(コムザンクア)屋としては有名店の Xoi Gio Cha は、蟹好き lulun としてははずせない。何度か前を通ったが繁盛している様子がうかがえて楽しみだった。

ページ